うなぎ通販で食べてみてビックリ!

うなぎ通販女子高生土用の丑の日に食べるうなぎですが、両親の実家が浜松ということで、小さい頃からうなぎを食べる機会が多かったんです。結婚してからは、うなぎを食べることが少なくなってちょっとさみしい感じです。

でも最近自分で始めた副業の調子も良くって、ちょっとした贅沢をしようと思って、うなぎ通販を利用してお取り寄せするようになりました。スーパーで買うウナギってやっぱりちょっと物足りないですよね。すでに焼いてあるものが多くて、温めると皮がブヨブヨとしていて美味しくないですよね。デパートで買うものは値段は高いわりに小さくて鰻を食べている気がしません


浜松のおばあちゃんに頼むのも気がひけますしね。ネットでうなぎ通販が可能なWEBサイトを見ていたら、うなぎの藤田を発見したんです。このお店、浜松のおばあちゃんの家に遊びに行った時に食べに連れて行ってもらったことのある老舗のお店で、とっても美味しかったのを思い出しました。

うなぎ通販サイトの写真を見ていたら、あのときの味を思い出して、うなぎ通販することにしてみたんです。やっぱりうなぎ専門店の味は格別ですね。スーパーよりはちょと高めですが、味も大きさも満足できるものでした。

その後、愛知の三河一色うなぎ、四万十川の四万十うなぎ、特大うなぎのうなぎ屋かわすいと美味しいうなぎ通販店を次々に発見しました。土用の丑の日以外にもうなぎ通販を利用して、ちょっとした贅沢を味わっています。うなぎお取り寄せっていいですね♪


上質のうなぎはひと箸つかめばその肉質の良さが分かるんです。艶があるうなぎの身をお箸でサッと裂くと、そこからただよう香ばしい芳醇な香りが食欲をそそります。一口食べただけで、ふっくらと軟らかい肉質の中に上質な脂が閉じ込められて、ホロホロととけていくような食感があります。

柔らかさの中にしっかりとしたうなぎ独特の歯ごたえもあって、鰻蒲焼き本来の美味しさを味わうのならやっぱり極上国産うなぎを通販ショップでお取り寄せするのに限りますね。

うなぎ通販おすすめショップはここですよ!

うなぎ通販の老舗『美食市』

三河一色うなぎは、愛知県矢作川のアオテうなぎを厳選しています。20匹に1匹しかないというアオテうなぎは、柔らかな肉質と上品な脂を併せ持った極上のうなぎなんです。うなぎを割いてから、白焼き(15分)、蒸し(20分)、焼き(15分)と1時間弱じっくり丁寧に調理しています。

一番人気は一色産極上うなぎ一尾 140g、特製うなぎタレ 10mlで3,140円(税抜き)です。高級感ある和紙に包まれて届けられます。2尾以上ご購入で送料無料になりますよ。

箸で切ってみると、とてもふんわりしてやわらかい肉質です。骨っぽさもほとんど感じられないし、皮もぐにゅぐにゅした気持ち悪さがなくて、とにかく全体がふんわりっていう表現がピッタリです。生臭さもなくて、パクパクと手が止まりませんでした。

土用の丑の日って言えば子供のころから食卓にはうなぎが出されていたけど、タレごはんばかり食べて鰻は家族にあげちゃってた。

でもこんな美味しい鰻だったら、ずっと好きだったかも。うなぎが苦手な人でもこの極上鰻は試してもらいたいくらいです。

【四万十うなぎ】おいしい国産うなぎの通販サイト!

四万十うなぎは、四万十川で採捕したうなぎの稚魚(シラスウナギ)を、四万十川上流域の四万十町で養殖したうなぎを届けてくれます。豊富できれいな地下水を使って育てたうなぎは、身が柔らかく、ほど良く脂がのっている絶品です。

一番人気は、四万十うなぎ蒲焼3本セット 7,350 円 (税込、送料別)です。ふっくら濃厚な白焼きをわさび醤油で食べるのもオススメです。

かなりの数のサイトを比較して、こちらのうなぎに決めました。そんなに高額でないのに豪華に見えました。包装紙に、たしか【四万十川 鰻】 と書かれていたと思うのですが、その包装紙は大変嬉しかったです♪

中身を見なくても 鰻 だと分かって下さり、鰻が大好物の方でしたので大変喜んで下さいました。日付・時間も指定どおりに配送して下さりありがとうございました。また、ご縁がございましたら利用させていただきたいと思います。

ちょくちょく食べたくなるうなぎはここになります

うなぎ通販子供私がうなぎを通販するときに利用しているお店を紹介しましたけど、ここのうなぎを食べると、スーパーで買うなんてできなくなります。美味しいものは、やっぱり通販したほうがいいものが手に入りますからね。


最近はうなぎの漁獲量が減っているので、うなぎの価格も高くなってきていますが、やっぱり時々は食べたいですからね。土用の丑の日はうなぎを食べることが定着してきていますけど、これから暑くなってくると、うなぎを食べる機会も多くなりますね。ますますうなぎの通販サイトを利用してしまいそうです(^_^;) 

土用の丑の日(どようのうしのひ)

土用の間のうち十二支が丑の日のことで、厳密には土用は春夏秋冬の年4回あります。夏の土用の丑の日のことを、単に土用の丑の日と呼ぶことが多いですね。

毎年夏の土用となる7月20日〜8月6日はいずれも等しくて、12年に1回の割合(12年間隔という意味ではない)で土用の丑の日となります。

 

日本では土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣がありますが、鰻を食べる習慣についての由来にはいろいろありますが、讃岐国出身の平賀源内(1728年 - 1780年)が発案したという説が最もよく知られています。
商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るために源内の所に相談に行って、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧められたところ、その鰻屋は大変繁盛したことがきっかけだとか。

 

鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できることから、夏場に精をつけるために食べられたりしますよね。でも本当のうなぎの旬は、冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期だそうです。

一色産の極上アオテうなぎとは

うなぎ通販大人背中が青く、お腹が白い、そして何とも言えない柔らかな感触。うなぎ職人が“アオテ”と呼ぶ上質のうなぎです。うなぎ職人の間では、肉質が柔らかく、うなぎ本来の美味を味わえるものを“アオテ”と呼んでいます。

 

ただ、そんな“アオテ”うなぎが出る確率は20匹に1匹。なかなか出会うことのできないとても希少なうなぎです。通常うなぎは、大きさ別に選別することはあっても、品質別に選別することはありません。ですから、“アオテ”とそれ以外のうなぎが混ざって流通されるのです。

 

さらに、蒲焼の状態になると、そのうなぎが“アオテ”だったかどうかの判断は難しく、“アオテ”うなぎを食する機会は多くないのが現実です。私たち美食市では、職人が一匹一匹丁寧にうなぎの色と感触を確認し、選別することで、貴重な“アオテ”うなぎだけを皆様にお届けすることを可能にしました。柔らかな肉質と上品な脂を併せ持った極上のうなぎです。

 

「うなぎ養殖は水作り」と言われるほど、うなぎを育てるには水が重要です。美食市のうなぎは愛知県一色町産。三河湾に面し、温暖な気候と緑いっぱいの自然に恵まれた一色町は、市町村別のうなぎ生産量日本一を誇るうなぎの町です。一色町は全国で唯一、川(矢作川)の水を利用してうなぎを育てています。限りなく天然に近く、ストレスのない環境でのびのびと育つことで、皮が柔らかく身に脂がのった良質のうなぎになるのです。養殖100年の伝統で築き上げられた、最適な水温や飼料成分等のノウハウが、全国の業者が信頼する良質な三河一色うなぎを育てるのです。

スタミナの代表食のうなぎ

うなぎ蒲焼きスタミナ食の代表でもあるうなぎは、海で生まれ、長い長いたびをして川に帰ってきます。うなぎは絶食したまま150日間も生きるとか、驚異的なスタミナ源はこうしたところにあるかも知れません。

うなぎの主成分はたんぱく質で、脂肪も多く特にビタミンAは牛乳の380倍・卵の8倍も含まれており、老化防止に効用があるといわれるビタミンEも牛肉の10倍・卵の3倍含まれています。このほか、血栓症に効くとされているエイサコペンタエン酸(EPA)も含まれています。

ページの先頭へ